産後の骨盤ケアはなぜ必要か

妊娠・出産時は、赤ちゃんが参道を通れるように、ホルモンの作用で骨盤周囲の靭帯(じんたい)がゆるくなり、骨盤が開きやすくなります。

この時、骨盤の底でハンモック状になっている骨盤底筋群は最大限に伸び、出産のダメージを受けやすくなります。

ただでさえ現代人は、妊娠・出産に関わらず、昔の人に比べて骨盤がゆるみがち。トイレが和式から洋式になり、床に座らず椅子に座ることが増え、また電車や車を多く利用するようになったことがその原因です。

そんな中、さらに妊娠 ・出産 することで、骨盤はグラグラの状態になってしまう のです。
放っておくとさまざまなトラブルの原因に
出産後、体は元に戻ろうと復古の時期になります。
この時期は、骨盤がゆるい状態のため、きちんとケアをすることで、妊娠前よりもキレイになったり、体調がよくなることもあります。

でも、ケアをせずに放っておくと、歪んだ状態で元の硬さに戻ってしまい、後から矯正するのは大変。

骨盤矯正のタイミングは、産後がとても大切なのです。
よくある間違い