日本の熟練職人が作りだす強み

ベルトはすべて国内生産
日本製にこだわる理由
大量に量産される製品は、海外で低コストで生産することができます。生産側からすると、低コストで製品化することは魅力です。しかし、クオリティはやはり、日本製にはかないません。

体の悩みを解決するにはどうすればよいか。
使いやすさはどうか。
長い間愛用していただくための耐久性はどうか。

ひとつの製品ができるまで多くの職人さんの意見を聞き、修正してもらいます。そして作り手は、ひとつひとつの作業に思いを込めて形にします。

細かいところまでだわって作れるのは、日本の職人さんだけがなせる技。 だからこそ、品質にバラツキのない温かみある商品を、お客様に届けることができるのです。

1日に数個しかできず、コストも海外生産に比べると3~5倍かかることもあります。それでも骨盤矯正ベルト専門店では【国内生産】にこだわります。
「あったら楽なのに」の声を熟練職人が形に 商品開発のテーマは「あったら楽なのに」。
体の悩みを持つ方々の声から、企画の段階でいくつかのアイデアをピックアップし、試作品を作っていきます。試作途中ではモニターさんにも使用していただき、その貴重なご意見をもとにさらに改良を重ねます。
何度も何度も試作と改良を繰り返し、いよいよ納得のいく商品が完成します。

日本の職人さんと、「あった ら楽なのに」の声を形にし、安心して生活に取り入れていただけるよう 、品質にこだわった製品をお届けいたします。